季節や時期によって自動車の査定価格が変わるって本当?

MENU

季節や時期によって自動車の査定価格が変わるって本当?

自動車の買取を行って貰うのであれば季節や時期はきちんと考えて行動しなければいけません。自動車の査定価格が変わるのは、初心者ドライバーが増える時期という傾向にあります。

 

初心者ドライバーが増えると言われているのが、4月〜7月です。4月以降というのは、新社会人になり給料が入るようになり車を購入しようと考える人が増えるからです。そしてボーナス時期に車を買い換えよう、ゴールデンウィーク期間中や夏休みに合わせて車を買い換える人が増えます。その1ヶ月前には市場が活発化して、買取業者も少しでも売上を上げるために買取額を上げる傾向にあります。

 

売上が上がる時期に、キャンペーンを行って買取額を上げてたりするのです。査定する時期によっては10万程度の差が出ることもあります。もしも余裕があるのであれば、自動車の買取は時期を考えて行動するのが一番です。

 

車のタイプによって季節で買取の価格が変動するということも珍しくありません。例えば夏は暑いので、オープンカーなどが人気です。積雪地域などでは冬になると、4WDなどが人気になるのです。季節によって人気の車種というのは異なってきますので、自分の買取して貰う車によっても査定を行って貰うのは考えるべきであると言えるでしょう。

 

そして逆に査定価格が低くなってしまう時期についても知っておくべきです。車の査定額が最も安くなると言われているのが11月、12月と言われています。年越し前の時期というのは、年を越すと年式が古くなってしまいますので査定価格にも影響が出てしまうのです。この時期は出来る限り避けておくべきです。