自動車査定ではこんなところをチェックされる! 自動車査定の相場を知って車を高く売る

MENU

自動車査定ではこんなところをチェックされる!

自動車査定では50項目以上がチェックされています。査定でのチェックで加点や減点が行われていき、査定額が自分自身に提示されるのです。少しでも自分の車を高く売りたいと考えているのでしたら、どのような点がチェックされるのかは知っておいた方が良いです。

 

自動車査定を知る上で覚えておきたいのが「標準状態」です。これを基に、査定の加点や減点が行われています。標準状態と呼ばれるのは、定期点検整備がきちんと実施されている、内装や外装の状態、エンジンと足回りにトラブルはないか、車検の残り期間が3ヶ月以内、走行距離数、タイヤの溝、事故修復歴、改造がないかなどの標準状態をチェックされていきます。特に問題がないというのでしたら、標準査定で減点が付くということはないでしょう。車を通勤などで毎日のように乗られているという方の場合には、走行距離数が年1万キロ以上になるでしょう。1万キロ以上走行している場合には減点が付いてしまいます。

 

標準査定以外のチェックされるポイントとしては「車種」です。やはり人気の車種というのは査定額も高くなります。セダンやクーペタイプに関しては査定額が低く提示されることが多く、ミニバンやワゴンなどは査定額が高い傾向にあります。
軽自動車などは需要が高まっていますので、高査定が付くことも珍しくありません。
年式もきちんとチェックされており、古い年式の車に関しては査定額が低く提示されてしまいます。中には古い年式の車種でも人気がある場合には高く提示される可能性もあります。